[home][index] [prev][next]

リスクマネージメント(RM)とは

 もともと保険を買う人(契約者)が、いかに効率よくリスク・ヘッジをしたらいいか、という学問体系.当社は、古くからこのRMの普及に努め、コンサルティングセールスを展開しています.

 簡単に言うと以下の四つのステップからなっています.

1.リスクの発見
 発生し得るリスクの全てについて、予知することをいいます.これが一番難しいのです.お客さんが感じているリスクをきちんと整理して保険にヘッジしてあげることも大事ですが、お客さんが知らないリスクもあります.ここでの時点で、不認知があれば、リスクコントロール手段の選択も万全になる筈がありません.
2.リスクの測定・評価
 リスクが現実化して事故となる可能性の頻度とその場合の損害の大きさを想定します.RMもこの評価を間違えると一大事.実際に事故がおきたとき損害を補填できなくて赤字になってしまう保険は無意味です.しかし、カバーの大きすぎる保険は保険会社が受け入れないこともあります.事故が起きた方が儲かるなんてことはあってはならないので、妥当な評価額を推定することが重要です.
3.リスクの処理方法の選択
 洗い出し・分析・評価したリスクそれぞれに対策を考えます.あるリスクには、元請けを入れたり,下請けに出したり,保険をかけたりします(リスクの転嫁).別のリスクは転嫁できないので、その仕事を止めてしまうのが得策だと判断する(リスクの回避)、など各リスクに対する対策を検討します.
4.実施
5.チェック
 上記のリスクの発見から処理策の実施までを見直し,必要な訂正を考えます. これが、RMの簡単な流れです. さらに詳しくは,リクルート学生向け「実務紹介・リスクマネージメントとはこんなものです」をご覧ください.
参考:リスクマネージメント・コンサルタント 危険の分析・診断・管理業務  どんな企業経営にもリスクがあります.それがどこにどのように存在しているか、そしてまた、それに対する対策は十分か.


こういったことを、お客様に代わって研究し、その対策を提示します.

リスクマネージメントと保険のプロデュース

当社は独立代理店です.
 当社はどこの系列にも属さない自由な独立代理店として、内外45社の保険会社及び各種共済の契約締結権をもっております.

 この有利な立場を活かして、どんなご要望にもピッタリあう保険種目と引受会社をおすすめいたします.もちろんご契約の機密は、完全に守られます.
当社は豊富な経験を有する保険のプロ集団です.
 保険代理店は全国に数十万店ありますが、社員のほぼ全員が最高の募集資格を有する当社のような代理店はごくわずかです.70年近くの,この道一筋の実績と信用に裏付けされた保険に関する知識と情報、設計技術と引受の手配は、常に業界の最先端を歩んでおります.
お客様の立場に立ってお客様とともに保険の設計をします.
 保険を販売する事をセールスといい、お客様の需要にあった保険を設計する事をプロデュースといいます. 当社は、お客様の潜在的リスクをも洗い出し、最適で経済的かつ担保範囲の広い保険をプロデュースして提供します.
スピーディーでご納得いただけるクレーム処理が自慢です.
 保険は事故のときに備えるものです.事故発生のときは業界トップレベルの知識と経験を誇る優秀な社員が、いつでもお客様をバックアップし、ご安心をいただいております.  また、お客様と事故当事者と保険会社の間に立って難しい折衝に当り、スピーディーにご納得いただける処理をするのも、当社の自慢の一つです.
独自のコンピュータシステムにより契約管理は万全です.
 当社スタッフにより内作された自社開発システムは、パソコンネットワークで、契約・事故・満期・文書情報等の情報管理に威力を発揮し、お客様からのお問い合せや、ご相談には、リアルタイムでお答えできます.

 さらに、柔軟なシステム構築と保守管理を提供するシステム・インテグレーターとしての実績も積んでおります.
特殊分担引受け業務を行っています.
 自由化により、保険会社の引受け選択は逆にきびしくなっていきます.高額リスク、特殊リスクで保険引受けが難しいものについても、ぜひ当社へご相談下さい.

 高額リスク、特殊リスクの引受け能力(キャパシティー)を、保険会社や友好的な代理店に提供することもできます.

リスクヘッジ

 保険を採用する場合には、次の点に注意してください.

1.賠償責任
 次のような事故が発生したことにより、取引先または第三者から賠償責任を問われる可能性はないか?


  1. 施設の欠陥、施設の管理ミス、あるいは施設の内外で行なった作業(請負作業を含む)ミスによって第三者に損害を与えた場合.
  2. 生産物(製品や作業の結果)の欠陥によって需要家側に損害が発生した場合
  3. 預り物を損傷した場合や誤渡しした場合横領された場合
  4. 職業上の判断ミスや管理ミスによって取引先に損害を与えた場合
  5. 自動車・ヨット・モーターボート等の運行中に第三者に損失を与えた場合
  6. 個人生活において友人、知人等に危害を与えた場合
  7. 取引上、契約違反等で相手方に損害を与えた場合
  8. 知的所有権をおかして損害を与えた場合

2.保証責任(ボンド)
 次のような保証責任を負う場合のリスクはどうするか?


  1. 身元保証人となった場合の保証責任
  2. 契約や履行に関して連帯保証人となった場合の保証責任
  3. 法令にもとづく義務者の保証責任(許認可保証・法務保証・海事保証・納税保証)
3.利益(休業損)や特別費用
 次のような場合も休業中の損失はカバーされているか?


  1. 火災、爆発、風水害、電気的事故、機械的事故、ボイラー事故等によって休業する場合
  2. 自社だけではなく親会社・子会社の工場で1.のような事故があった場合
  3. 食中毒により営業停止を命ぜられた場合
  4. 船舶、自動車、重機、航空機等の修理中の利益損害
  5. 共同海損分担金、遭難救助費等の請求を受けた場合
  6. 従業員の死亡、負傷等により臨時費用を負担する場合
4.物・財産
  1. 適正な価格で保険に付けられているか?
  2. 必要な対象物にはもれなく保険が付けられているか?
  3. あらゆる危険から守られているか?
  4. 種々の特約、特認申請の方法を利用して最も有利な条件で契約しているか?
5.情報
  1. 最近になって出てきた無形の財産をすべて認知しているか?
    例えば、コンピュータソフト等の知的財産権の保護はどうなっているか?
  2. いかなる損害が発生するかのシミュレーションをしたことがあるか?
6.人的要素
  1. トップマネジメントの死亡・病気・ケガによる会社の経済的損失の大きさはどれ位か?
  2. 労働災害が発生した場合の補償対策は十分か?
  3. 団体旅行に出かけるときは万全か?
  4. 従業員の不誠実行為(横領、背任等)により外部に対する賠償問題が発生したり、信用が失墜したり、経理上の損失が生じた場合の対策は?

[home][index]
(C) 2001-2005 Konan Insurance Agencies Co.,Ltd.
[prev][next]