[home][index] [prev][next]

甲南のご紹介

企業分野の保険を専業に昭和7年創業

豊富な経験と実績
 当社は昭和7年に,当時「関西五綿」と言われた,今の総合商社の一角から独立し,創業しました.それから80年を越え,親会社や特定グループに属さず,独立独歩を誇りに自主路線を歩んでおります.そして日本では数少ない大型の法人代理店として,一貫して企業分野の保険を扱い,世界ナンバーワンのフィルムメーカーの日本進出の際の保険の手配をしたり,アメリカの大手ホテルチェーンの沖縄進出では,当社のリスクカバープログラムが全面採用されました.また70年の万国博の跡地を利用して行われた中国博でも当社のリスクカバーは高く評価され,日中友好協会から感謝状をいただいたりもしました.
本当の顧客サービスとは...万全の事故処理体制
 企業分野の保険を扱うという事は,万が一事故が発生した場合にも,企業に資金繰り上の支障をきたさないという事(Risk Financing)が求められ,その為に迅速かつ適切な事故処理ができるように優秀な内務陣を厚く配しております.当社はお客様への接待等は殆どしませんが,最高の事故対応をする事が一番の顧客サービスと考えております.
リスクマネージメントをとり入れて40年以上...
 企業リスクを考えるという点では,保険会社に先駆けて積極的にリスクマネージメントをとり入れ,日本リスクマネージメント学会の設立に協力し,発足当初の数年間はボランティアでその事務局を引受けておりました.

 また,企業分野一筋という事は,それだけ多種多様の事故を経験しており,この事が当社のリスクマネージメントの精度を更に向上させております. 更に,リスクと云う観点から,ボランティア活動や福祉活動に,業界で当社が初めて低廉な保険を導入したのも30年以上も前の事で,多くの自治体や公共団体,公社,第三セクターの皆様からも厚いご信頼を得ております.

 リスクマネージメントとは,もっとも費用対効果の高いリスク対策をとる為にアメリカで発生し,発達した実学.例えば,保険では企業規模に合わせて免責(=自己負担)の金額を大きくして,保険料を安くする等々.この為,当初は,リスクマネージメントは日本の一般的な保険会社からは敵視されました.
総て内作の情報システム
 また,お客様と,その契約や事故の管理に万全を期する為に,情報システムサービス部をもち,当社の情報管理システムは総て内作しており,ご要望によってお客様のシステムの構築や更新の仕事も致しております.

 当社は,RISK MANAGEMENTを柱にした,皆様への「リスクに関するコミュニケーションサービス(≒コンサルタント)」が仕事であり、保険設計はその結果に過ぎません.ネットワーク情報の漏洩、技術輸出に伴う設計・指導ミスの責任、特許や著作権侵害など、技術の進歩や国際関係の発展とともに、企業のリスクは刻々と変化しており、これらに対応するためにいっそうの知識と頭脳の集約化に努めて、安全と安心をお届けし続けることが私共の役割と考えております.


[home][index]
(C) 2001-2005 Konan Insurance Agencies Co.,Ltd.
[prev][next]